かぶせ物ってどれ位もつの?

Facebookページ
感染予防のために
インプラントの事前検査が不十分でトラブル続出!
  • インプラントサイト
  • 日本人の歯の寿命をのばす会サイト
  • 症例集サイト
  • 医師募集
medical


医師募集


衛生士・歯科助手募集


インプラント・セラミック症例集

かぶせ物ってどれ位もつの?

お口の中に入ってるかぶせ物!いったいどれ位もつのだろう?

今まで、何回も歯科治療を受けてこられたと思います。
そして一度治療したところがまた虫歯になって、また虫歯になってしまったケースって
よくありますよね。
人によっては『かぶせ物をすればずっともつんじゃないの!?』って方もいらっしゃいますが、実際はずっともつことはありません。
ではどの位の年数でダメになるのでしょうか?
参考までに、保険治療の平均耐用年数 と 平均使用年数をご紹介します。
耐用年数とは、材料の劣化が始まるまでの期間

平均耐用年数平均使用年数
白いのプラスチックの詰め物2~3年5.2年
大きい銀歯のかぶせ物2~5年7.1年
ブリッジ3~5年8.0年
入れ歯2~4年4.0年
(森田学氏らによる調査より)

どうでしょうか?
想像していたよりも短かったのではないでしょうか。
虫歯と治療を何回も繰り返すと、いつか治療できなくなり抜歯になってしまいます。
だからこそ痛みや症状が無い時に、定期予防を受けてチェックしていく事が
歯を長く残す為には大切です。

045-663-6480
ご相談はこちら
ご予約はこちら
医療法人日坂会矯正サイト インプラントセンター インプラントセラミック事例集
045-663-6480