症状・なやみ

歯がしみる、ズキズキする

しみるのは、基本的に神経が残ってる歯に起こる症状です。
原因は大きく分けて二つあります。

①虫歯

虫歯菌が歯を溶かして、神経を刺激している状態。
虫歯の場合は、少しずつしみる程度が強くなってきます。

【症状のステップ】

初めは冷たい物でしみる→温かい物で痛む→何もしなくても痛む(ズキズキする)

まだ冷たい物でしみる程度であれば、神経を残せる可能性も高いです。
ただ温かい物で痛んだり・ズキズキする場合は神経まで虫歯菌が感染してる場合がほとんどです。
神経を残すためにも、出来るだけ早めの歯科医院の受診をお勧めします。

②知覚過敏

テレビのCMでも、たまに名前を聞く事があると思います。
知覚過敏とは、歯の内部の神経に刺激が伝わり痛みを感じる事です。

(理由)

・歯ブラシの力が強い為に、歯の表面のエナメル質が欠けてしまったため。
・長年の咬み合わせの力で、歯の根元が少しずつ欠けてきたため。
・歯周病により歯茎が下がって、歯の根っこ出てきたため。

※知覚過敏と虫歯の判別はご自身では難しい場合が多いです。

歯ぐきから出血する

歯茎から出血する場合は、ほとんどが『歯周病』です。
出血するのは歯周病菌の感染により、歯グキが炎症をおこしてる状況です。
出血しても痛みは感じない事がほとんどですが、そのままの状態ですと歯周病が必ず進行していきます。
歯周病は、痛みを感じずに進行する病気なので一度詳しく検査をされる事をお勧めいたします。

【ご自身で出来る事】

・まずは、鏡でチェックしていただいてどこから出血してるかチェックして下さい。
・出血してるところは、歯ブラシをしっかり当てて時間をかけて磨いて下さい。
・しっかり磨く事により、1週間位で出血が減る場合があります。

※出血が減っても、歯石などは歯ブラシでとる事は出来ないので歯科医院でのクリーニングをお勧めいたします。

詳しくは歯周病のページへ

噛むと痛む

咬むと痛む時は、さまざまな理由が疑われます。
ご自身で判断するのは難しいので、一度歯科医院の受診をお勧めいたします。

①咬むと痛む・歯は揺れない・しみたりしない場合。

根の先に膿が溜まっており、そのばい菌が繁殖した事により痛んでる可能性が疑われます。

(治療)

抗生剤の処方と根の治療をする必要があります。

②咬むと痛む・歯が揺れる・歯グキが腫れてる場合。

歯周病が急激に進んで、歯茎の中で膿が溜まってる状況が疑われます。

(治療)

抗生剤の処方と歯茎のクリーニングと消毒の必要があります。
詳しくは歯周病のページへ

③咬むと痛む・歯は揺れない・ズキズキする場合。

虫歯が神経まで進行して、神経が虫歯菌によって感染してる状況が疑われます。

(治療)

虫歯が神経まで進行していれば神経を取る治療が必要になるかもしれません。
詳しくは虫歯のページへ

※その他、咬み合わせの負担などによっても一時的に痛みがでる場合もあります。
  咬んで痛む場合は、いろいろな病状が推測されます。
  ただどんな状態にしろ、病状が進行してる場合が多いので痛みが一時的に治まっても
  必ず歯科医院の受診をお勧めいたします。

歯が抜けたところが気になる

虫歯や歯周病などの理由で歯を失う事がありますが、まずは抜けたままだとどうなっていくのでしょうか?

①抜けた隣の歯が隙間を埋めようと倒れてくる。
②噛み合っていた歯が伸びて突き出してくる。
③奥歯の変化に伴いかみ合わせが低下し、前歯の負担が過大になり寿命が減る。
④噛み合わせのバランス変化や、食べやすい方のみでの片噛みによる、顎関節の痛みや開口障害が起こる事があります。

歯が抜けたままでも、不自由を感じない方もおられます。
ただ気が付かないうちに、残ってる歯の寿命が減る要因になってますので、
お口の健康を長く保つためにも、出来るだけ早めの診査と治療をお勧めします。
失った部分の治療法は大まかに3つあります。ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。
どれを選択するかは治療内容の違いや残ってる歯の状態、そして患者さん一人一人のご希望がありますので
一概には決められません。
ご自身の大事な歯の治療ですから、担当医と良く相談してそれぞれの違いをご理解した上で治療を行っていく事をお勧めします。

インプラント治療についての詳しくはこちらをごらん下さい。 → 医療法人社団日坂会インプラントセンター